5522 札幌美術展 五十嵐威暢の世界 展

北海道に来て3日目、帰る日になって、ようやく雨が上がった。

ようやく晴れた… 紅葉はほとんど終わり

帰りの時間のこともあるし、あまりのんびりもしていられない感じだったので、ちょっと足を伸ばして、札幌芸術の森に行ってみることにした。

札幌芸術の森へ… 五十嵐威暢の作品

 

35år トレッティ ・ フェム ・ オール ー 日瑞ガラス ・ 木工作品展ーを開催致します。ご覧にお越しください。

スウェーデン交流センターのイベントスウェーデン芸術家たちの作品

芸術の森美術館へ

 

「札幌美術展 五十嵐威暢の世界」展を鑑賞するため、芸術の森美術館に向かう。

展示室までの間は、彼の作品が貼られていた。

 

会場までの通路 壁にも作品

札幌美術展 五十嵐威暢の世界 展

 

五十嵐威暢(いがらし たけのぶ)は、著名な彫刻家であり、デザイナーだそうだが、不勉強で存じ上げなかった。

ただ、このロゴも…

スーパー「サミット」のロゴ

このロゴも…

ノーリツのロゴ

目にすることはきっとあると思うが、これらも彼の作品という。

また、二次元だった立体文字を、三次元の彫刻にするところから、彫刻家に転身する。

一部は写真撮影可能身近で見かけることもあったみたい

「デザイナー時代に置き忘れてきた半分を埋める仕事」ということなのだそうだ。

デザイナーで成果を上げ、さらに彫刻の分野でも独創的な作品を作り出していくというのは、すごい。

大きな作品も多い活動の歴史

当然、こういう発想はできないので、観て楽しむ立場に徹しよう。

都営地下鉄大門駅とか、東京ミッドタウンとか、実は身近なところにあった彼の作品を見に行ってみよう。

たまたまやってきた展覧会だったが、得るものも多く、興味深く鑑賞することができた。

時間に余裕を持ったまま、3日間の北海道の旅行を終えて、帰宅の途に。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください