[社会の窓]痛感した技術の差

なんてスマートなんだろう…。

ボーイング787を見てそう思った。

研ぎ澄まされ、無駄なものが一切省かれた姿は、その一言に尽きる気がした。

この日、「かかみがはら航空宇宙博物館」と「FLIGHT OF  DREAMS 」のそれぞれで、飛行機を堪能することができたが、そこで痛感したのは、アメリカの日本の航空技術の差だった。

この機体の35%を日本が作っているとは言っても、やっぱりアメリカ製なのだ。

もちろん、前者は飛行機の歴史を紹介する施設だから、必然的に古い飛行機だし、後者は世界で最も新しい飛行機ということで、当然、差があるに決まってるのだけど、それをもってしても…と思ってしまう。

世界最先端の技術を持っていた日本が、終戦から7年のあいだ、開発を禁止されていたことが、いまだに影響しているという説もあるが、果たしてどうなのだろう?

日本初の国産ジェット旅客機であるMRJも苦戦しているし、こうした技術の差を見せつけられると、いろいろ考えさせられる。

[社会の窓]痛感した技術の差” への2件のコメント

  1. ロンさん
    日本の航空技術がなぜアメリカに?と言う疑問を
    超マニアックな航空ファンの方にぶつけたことがありました。
    回答はお話が高度すぎなのか?良く解りませんでした(笑

    しかしスゴイ航空機を作れるアメリカの自動車が
    イマイチというのも逆に不思議です

  2. ≫ ぶり さん
    戦前までは、世界でも最先端技術を持っていた日本が、敗戦で
    航空機開発が禁止されていた期間に差をつけられたという説が
    ありますが、果たしてどうなでしょうね…。
    自動車については、そうしたことがなく継続できたから、
    航空機のようなことがなかった…とも言えるのかどうか…。
    歴史のタラレバは、いろいろ考えさせられますね(笑)

    追伸;お名前を入れて更新しました〜

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください