[社会の窓]隠れた文化財に触れる

東京文化財ウィークで、登録有形文化財に指定されている建物を見学

住宅地のなかに、外観からは決してわからない、美しいステンドグラスを持つ建物があるというのは、なんだかおもしろい。

ステンドグラスがいいきっと、こうした文化財は、まだあちこちに隠れているのだろう。

今回、この建物のことを調べてみようとしたが、文化財の昨年指定されたばかりということや、ふだんは公開されていないということもあってか、ほとんど情報がなかった。

それはそれで仕方がないとは思うが、せっかくこうして紹介する機会を設けてくれているのなら、ほんのちょっとでもいいから、建物の情報の提供をしてほしい。

家主も紹介しようとしている気持ちは伝わってきたが、東京都のイベントということであれば、ある程度統一した基準があってもいいと思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください