5507 サービス提供者の立場

”つながりにくい”のではなくて…昨日出掛けようとしたときに、電車の時刻を調べようとしたら、システム障害が起きていたようで、検索することができなかった。

そのときに出ていたメッセージが「サービスがつながりにくい」というものだった。

こういった障害で、こうしたメッセージが出る場合、おそらく、”つながりにくい”ではなく、ほぼ”つながらない”ということば多い気がする。

サービス利用者にとって、一番の関心事は、サービズが使えるかどうかがであり、サービス全体の稼働状況なんて知ったこっちゃない。

”つながりにくい”ケースが、たまたま自分に当たれば、それがすべてである。

サービス提供者にとっては、サービスが停止していると言い切りたくはなく、障害はあくまで”一部”で起こっているという形にして、影響を小さく見せたいという本能が働くものだ。

仕事柄、サービス提供者にもなることがあるので、ついそうした発想をしてしまう。決していいことじゃないけれど。

こちらはほどなくして使用可能になったが、今日、また別の問題で、サービス障害に出くわした。

何もない…今日昼間に時間限定の、ポケモンGOのイベントがあった。

天気も良かったこともあってか、街中にはたくさんの”ポケモントレーナー”の姿があった。

しかし、開始してしばらくしたところで、突然、ポケモンGOが正常に動作せず、地図上から一切の情報が消えてしまう事態になったのだ。

運営を批判する気持ちもわかる…当然ながら、サービス提供者(運営)に対する批判の声が上がっていた。

こういうときは、どうしてもサービス提供者側の状況を想像して、多少の同情もしてしまう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください