5698 価値観の違い?

求人情報サイトの広告を何気なく見ていて、ちょっと驚いた。

あなたの人生は検索ひとつで変わる

たしかにそれはあるだろう。

受かりやすさって?残業時間、月給といった切り口で並び替えができるというのはわからなくはない。

時間や金額といった“数字”で比較できるからだ。

しかし、広告に書かれていた「受かりやすさで求人を比較できる」というのは、どういった基準なのだろう?

何人応募したら、何人合格するみたいな?

んなことはないだろう。

仮にそうした基準があっても、受かりやすさだけで仕事を決めるというのは、あまりにも短絡的すぎやしないか?

いくら受かりやすくても、あまりに過酷な仕事だったら続けられないのだし、賃金があまりに安くても困るし、どう考えても「受かりやすい」という切り口で考えること自体、あまりないんじゃないかと思う。

こういうことを考えるかどうかというのは、仕事に対する価値観の違いなのだろうか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください