5696 東京オリンピックボランティア募集フォームにエントリーしてみる

2020年東京オリンピックのボランティアについては、”ただ働き”をさせるだけではないかとか、”ブラックボランティア”などとも呼ばれ、いまいろいろと話題になっている。ボランティアエントリーサイト

先日、応募を受け付けるウェブフォームが公開されたが、あまりの”つくりの悪さ”が、新たな話題になっている…らしい。

ということで、僕もちょっと覗いてみることにした。

途中までエントリーして、どんな感じなのかを体験する。

スマートフォンから入力できるということでiPhoneからアクセスしてみた。

東京オリンピック ボランティアと検索すれば、すぐにヒットする。

エントリーしようとすると、まず「応募フォームの入力には約30分かかります」と出てきて、少し身構えてしまう。

そして、続く画面が…

なぜか英語。右上に日の丸が出てるので、これを押せば日本語に切り替わるけど、なぜ突然英語なんだろう?

30分! 英語?

必要事項の項目が続くなかで、任意とはなっていたが、突然、ユニフォームのサイズを問う設問が…。

それっていま聞かないといけないこと?

それを、いま聞く?

生年月日は、なぜかカレンダーから入力させようとする。矢印で自分の生まれた月に移動させるのは、結構面倒くさい。

よく見ると、DDMMYYYYと欧米表記の入力項目があって、こちらに直接入力もできるようになってるっぽいが、極めてわかりにくい。時間のかかるカレンダー

居住地の選択肢が、なぜかアイスランドから50音順。こうなると日本は、漢字だし、ずっとずっと下。

何万人の応募者が、日本を選択するためにスクロールさせるのだ。

誤って送信ボタンを押そうものなら、入力不備をずらっと並べられてしまい、続く入力を断固阻止しようとする。半端ない怒られっぷり

これはいったい、どういうこと?

あと、ずっとやたらと目立ってたAtoSというロゴが初めて裏に回った。

このシステムを受託した会社らしいが、ここまで露骨に露出する必要ってあるだろうか?

いろいろと、よくわからない…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください