[社会の窓]実は、ものすごくすれ違ってる

有給休暇で熱海に来た。

宿泊先からちょっと歩いたところに、丹那トンネルの慰霊碑があることに気づいて、ちょっと行ってみた。

真っ暗なので、あまり見学できず、ちょっと足を延ばして、付近を歩いた。

来宮駅のすぐ近くではあったけど、山側の駅の裏手だったせいか、誰一人としてすれ違うことなかった。

ただその脇を、東海道新幹線がすごいスピードでひっきりなしに行き交っていた。

そのせいだろうか、あまり寂しさみたいなものは感じなかった。

そんなとき、ふと思った。

結局誰にもすれ違わなかったのに、この場所では、実際に、新幹線の乗客と何千人もの人たちとすれ違ってるのも事実なんだな…って。

なんてことないけど、ちょっと不思議な感じがした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください