5677 結局は自分の問題か?

多忙な人に仕事を依頼するのは、自分もしんどい。

状況がわかってるだけに、そこに割り込ませるのは、忍びない。

それでも、お願いしないわけにはいかないのだ。

こちらも、自分に依頼のあった仕事の一部だし、対応してもらえないと、どんどん滞ってしまう。

いろいろ手を変え品を変え交渉を試みるも、のらりくらりとかわされてしまう。

少し時間を置いてからさらに交渉する。

すると、いまこちらが依頼してることは、関係先に確認してみないと先に進めることはできないという。

それはわかる。

それでも、落としどころがないか、調整できることはないか?と尋ねる。

すると、半分キレた感じで、調査せずに進めることはできるがトラブルが起きても知らない。それを覚悟でならやっても構わないけど、それでもいいのか?いいですね? 今やりますよ! …と、凄まれた。

置かれた立場は同情するが、ちょっと子供じみた言動には閉口してしまう。

それは、駄々をこねて泣き叫んで、周囲の大人たちを困らせようとする子供のようだ。

言い換えれば、業務を人質に取っているとも言える。

本人の問題というよりも、それを許容してしまう組織にも問題があるとも言える。

そして、この状態に対して、何の行動を起こさない自分自身にも問題はあるのだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください