[社会の窓]昭和の風景を見つけた

王子に行ってきた。

駅前に、「サンスクエア」というちょっと“ひと昔前”を感じさせるビルがある。

旧十條製紙(現在の日本製紙)の関連事業として開業した複合レジャー施設だ。

ボーリング場、テニスコート、ゴルフ練習場、ゲームセンター、スーパーやカフェなどがある。

そこのカフェに寄ったついでに、ちょっとだけスーパーを覗いてみた。

この謎の段差は…?

すると、レジに妙な段差があることに気づいた。

明らかに何か特別な意図をもって作られた段差だ。

そうだ!

これは、ボーリング場だった跡なのだ。

現在は3階にボーリング場があるが、おそらく現在スーパーになっている2階もボーリング場だったのだろう。

かつて、ボーリング場だった建物に居抜きで、そのまま店舗として使うケースはけっこうあったが、最近は滅多に見かけなくなった。

だから、久しぶりの発見に、ちょっと興奮してしまった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください