5668 迷惑な隣人

帰りがけの電車では、少しでも席が空いてるつい座ってしまう。

そして、座れたら、過ごしやすいほうがいいに決まってる。

多少狭いのは仕方がないけど、今日は隣に座っていた中肉中背の中年男性が、寄り掛かってきて、かなり迷惑だった。

ぐいぐい倒れてくる…少しくらいなら仕方ないかな…とも思うが、なぜかやたら体温が高いというか熱いし、寄り掛かり方が酷かったので、不快感は半端なかった。

最初のうちは、軽く肘で突く感じで気づかせていたのだけど、何度かやっているうちに、それだけでは反応しなくなってきた。

そこで、自分の頭を掻くふりをして、寄り掛かってきた男性の頭を小突いた。

さすがに、目が覚めたようで、姿勢を正していられたのは、わずかな時間だった。

また寄り掛かってきたのだ。

しばらくして、下車駅が近づいてきたのでその場を去ったが、振り返ってみると、男性はかなりの角度で傾いた状態で、もう座れるような場所は残っていなかった。

自分も、よくこんなところに座っていられたな…と驚くほど、倒れ掛かってる状態だった。

こういうときって、どういった対処が理想的なのだろう?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください