5663 無洗米って…

あたらめて考えると変…この「無洗米」という言葉、何気なく使ってるが、以前からかなり違和感を覚える言葉だ。

もちろん、意味としては「洗う必要の無い米」ということになっているが、文字の意味からしたら「洗米して無い」ということになってしまう。

この言葉を考えた人は、そうした違和感があることをわかった上で、この名前を付けたのだろうか?

あらためて適切な言葉がないかちょっと考えてみる。

洗米不要ってことなのなら…

「洗米不」

これだとなんだか落ち着かない。

では、洗米が済んでいるということで…

「洗済米」

なんて読んだらいいんだろう?

すでに洗米が済んでいるということにして…

「既洗米」

これなら「きせんまい」という呼び名にしたら…と、勝手な提案をしたいと思う。

5663 無洗米って…” への2件のコメント

  1. ≫ぶりさん
    そうですね。米って洗うんじゃなくて、研ぐものですよね(笑)、
    また新たな悩みが出てきた気がしてきます。いったいどういうことなんだろう?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください