[社会の窓]30年~50年に一度の光景

アオノリュウゼツランを見てきた

30年~50年に一度だけ咲いて、あとはごく一部を残して枯れてしまう。

花の本体は、かなり地味だけど、30年~50年のあいだで、今だけ見られる光景…ということになる。

いくら暑くても、そんな光景を見逃すわけにはいかない。

それにしても、不思議な植物だ。

この植物の進化の過程で、このような作りになったのだろうけど。

もうちょっとゆっくり見ていたい気もしたが、この暑さに耐えられず、早々に退散することにした。

何十年にもわたってようやく咲かせるタイミングが、こんなに異常に暑いときじゃなくたっていいのに…なんて、勝手なことを思った。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください