5451 TeamViewerが突然使えなくなる!

商用使用…って?今日、父からパソコンにかかわる質問があったので、いつのもように遠隔で父のパソコンの様子を見ようとしたら、突然、

「商用使用の疑いがあります」

といったメッセージが出てきた。

離れた場所にあるパソコンを操作できるサービスとして、これまで長きにわたり愛用してきたTeamViewerが使えなくなったのだ。

これがないと、遠隔で父にパソコンを教えたり、スマートフォンの設定を確認することができなくなってしまう。

TeamViewerは、無料で使えるのは個人使用だけで、商用使用にはライセンス契約と費用が必要となる。

もちろん個人使用なのだから、無料で使用するのは問題ないはずだ。

もっとも、非常にありがたいサービスだから、必要なら契約してもいいとすら思っているのだけど、さすがに毎月5000円は高すぎる。

引き続き、なんとか無料で使わせてもらいたい。

英語で依頼だって…(この画面じゃないのだけど…)調べてみると、多くの人たちが、この問題に悩まされているようで、対応の仕方も紹介されていた。

ふたたびこれまで同様に使えるようにするためには、TeamViewer社に対して、接続できなった機器のログを添付し、専用フォームを通じて”英語”で申し立てをしなければならないらしい。

英語なんてできっこないから、以下の文面を用意し、Google翻訳で英語にして依頼することにした。

私は、家族のパソコンを操作しかしません。
商用利用はしていません。
引き続き、無償でTeamViewerを使わせてください。

I only operate my family’s computer.
It is not used for commercial use.
Continue to use TeamViewer free of charge.

しかし、iPadからはフォームの送信ができないっぽかった。

よくわらからん!しまいにはエラー

パソコンから送信してはどうかと思って試してみるが、今度は、ログを受け取ってもらえない。

フォーマットが違うのだという。

さんざん悩んだり、妙なエラーなどを繰り返した挙句、ようやくフォームを送ることができた。

うまくいかなかった理由は、以下の2つ。

そもそも依頼フォームが異なっていた
iPadで生成されたzip形式のログを解凍しないまま送ろうとした

似たようなフォームだし、実際どちらのフォームでも対応はしてもらえそうではあるけど、より適切な方がいいに決まってる。

正しくはこちら

TeamViewer Personal Use Verification

こちらではなかったのだ。

TeamViewer Commercial Use Suspected

正しくはこちら

ようやく送付はできたものの、使えるようになるのかどうかは、まだわからない。

公式サイトには、最大30日待ってもらうことになる…とあるが、果たして…。

復旧しないことも想定して、TeamViewerの代替サービスとなりそうなサービスを探し、こちらでもできるように準備を始めることにした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください