5444 あおり運転する感覚

ここ最近、あおり運転による事故や逮捕などが増えている気がする。

おそらくは昔からあることなのだろうけど、スマホの普及で誰もが簡単に証拠写真が撮れるようになったためか、ドライブレコーダーの普及が進んだせいか、話題に取り上げられることは、間違いなく増えていると思う。

自分が危険な目に遭わされたわけでもなく、ただ目の前を走っているだけの、見ず知らずの無関係な人を攻撃しようとする感覚…。

果たして、そこまで苛立つものだろうか…?

こういったニュースで詳細を見聞きするたびに、どうして、ここまで苛立つのだろう?とあおり運転をした彼らの気持ちが理解できなかった。

そして、被害者のことを思うと、加害者に対する憎しみや苛立ちが募ってくる気がした。

でも、待てよ…。

こうした感情を見ず知らずの無関係な相手に持つという点においては、あおり運転する人の苛立ちに、もしかすると似ているのかもしれないと思った。

だからといって、加害者を攻撃したりはしないけども…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください