5442 日比谷は日比谷、霞ヶ関は…

日比谷線に乗ったときに気になったこと。

扉の上に次駅の案内が表示されているモニターがある。

日比谷は日比谷

左側のモニターは日本語で、右側のモニターは英語や中国語、韓国語といった外国語が表示されている。

たとえば、(写真を撮ったタイミングは前後するのだけど)日比谷駅は、このように中国語でも日比谷駅となっていた。

 

同じ漢字を使っているから、当然といえば当然なのかなと思っていたら、その隣駅の霞ヶ関駅は…

霞ヶ関は…???

霞关?

霞ヶ関は、霞ヶ関ではないのだ。

神谷町は…神谷町そして、神谷町は、若干文字の形が微妙に異なっているが、やっぱり神谷町

なぜ、霞ヶ関だけは、霞ヶ関にならないのだろう。

「ヶ関」が「关」という文字に置き換わってしまっているのは、やっぱり、ちょっと意外だった。

中国語に「ヶ関」に相当する漢字がなかったから、当て字ってことなのだろうか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください