5437 浅草寺のほおずき市を歩く

浅草寺のほおずき市に行ってきた。

仲見世を通って…以前も行ったな…と思って調べてみたら、もう5年前だった。

いつもより早めに仕事を切り上げて、浅草、浅草寺へ。

前回もそうだったけど、それほどごった返すという感じではなく、歩くのが大変というほどではなかった。

ほおずき市へ雷門をくぐって、仲見世を通り、宝蔵門までやってくると、ほおずきを売る店が見えてくる。

ライトアップと合わせて、ちょっとした非日常的な感じで、雰囲気はすごくいい。

とりあえず、境内を歩き回ってみる。

日が落ちても、まだ蒸しているけど、ちょっと風が吹くと、多少は暑さが落ち着く感じ。

 

本堂もライトアップされていて美しい 結構賑やか

鉢植えは2,500円、切り枝は1,000円。これはどの店でも共通価格。

価格競争があったら、面白いだろうに…って思ってしまったが、縁起物には似つかわしくないのかもしれない。

一鉢2500円… 見て回るだけでも、なんか楽しい…

ほおずきの枝を見比べて、どちらを買おうか、かなり真剣に悩んでいた人がいたが、まさに同感。

それほどの違いは感じられないけど、買うとなったら、より慎重になるもの。

枝だと1000円 比べて買う人…

もちろん、自分のもその一人なのだけど、今回も、やたらと写真を撮ってる人の姿が目立った気がする。

それにしても、非日常空間を歩くのは楽しい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください