5432 元気だったからこそいじれる

2013年7月桂歌丸師匠が亡くなった。

歌丸師匠といえば、笑点の大喜利での、六代目三遊亭円楽との毒舌の掛け合いは、番組の見どころのひとつだった。

ハゲだの、墓だの、葬儀だの、縁起でもないことをネタにして笑えるのは、当然ながら、元気でいてくれたからこそだった。

汐留・日本テレビ前のイベント広場に出現した、歌丸師匠の巨大な顔を見掛けたのは、もう5年前。

別に、特別身近だったわけではないけれど、よくテレビで見ていた人が亡くなるというのは、やっぱりショックだ。

これからも、こうしたニュースを見聞きするたびに、同じようなことを思うのだろう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください