5398 前監督の将来を想像してみる

日大アメフト部の問題は、収拾するどころか、日を追うごとに拡大している。

日大は、批判を受ける形で記者会見を開くものの、かえって炎上を助長するばかりだ。

前監督や大学側の主張は、どう聞いても「選手のためだった」ではなかったし、彼らが守ろうとしているのは、学生でも大学でもなく、自分自身としか思えなかった。

これほどあからさまに見せつけられると、それはそれで興味深い。

ここから見えてくるのは、前監督や大学が、この問題の本質を、まったく理解していないということだ。

前監督は、おそらく「なぜ自分がここまで責められなければならなのか?」という思いでいっぱいのはず。

会見が終われば「やれやれでしたね」くらいの軽口を叩いていることは容易に想像できるし、激高した司会者だって「あぁいう連中(=マスコミ)あれくらい言ってやらないと、わかんないんですよ」くらいのことは言ってるに違いない。

外部からの声に押される形で、さすがに要職を追放されることにはなるだろうが、そうなったとしても、反省するわけではないし、ただただ逆恨みすることになるだろう。

しかし、いくら悪評が聞こえてきても、組織の中でのし上がる能力に長けているから、いずれ、どこかの組織のトップに君臨することになる…と思う。

2 thoughts on buy cialis 40mg overnight5398 前監督の将来を想像してみる

  1. 大学は誰のために存在するのでしょうね…
    「大人」の醜い責任論ばかり。
    加害選手とされる学生さんがお気の毒で仕方ないです。
    被害に遭った選手に対し危害を加える予告があるようで
    こちらはますます理解できません。
    なんだか世の中が荒み過ぎているような気が…

  2. ≫ がんちゃん
    これだけあからさまな”悪役”や、注目を集める人が登場すると、待ってました!…とばかりに、いろんな人たちが集まってくる感じがします(笑)
    クレームをわざわざ大学に入れる人も多いと聞きます。 被害に遭った選手に対してもちょっかいを出すのだから、もう誰でもいい…って感じすらします。
    こういう人たちは「言わずにおれない」だけで、世の中を良くしようみたいな発想は皆無ですから、鎮めるのは大変だと思いますね…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください