5388 肩書

9日、日本中国韓国の3カ国による首脳会談が開催された。

主要議題はもちろん北朝鮮だろう。

もうすぐアメリカとの初の首脳会談も開催が予定され、朝鮮半島に対する注目が集まっている。

この朝鮮半島に関する報道において、よく見かけるのが、コリアレポート編集長、辺真一さんだ。

あれ?そもそも「コリアレポート」ってなんだろう?

朝鮮半島事情に精通している専門家たちが寄稿する朝鮮半島の動向を伝える専門雑誌みたいなもの?と思って検索してみたら…。

つまり、ブログ…どうもそういった紙媒体でなく、彼のブログやメールマガジンの名前のようだった。

つまり、編集長という肩書は、身近な例で例えるならば、”龍的思考回路編集長”と同じようなものだ。

うーん。

視聴者のなかで、この事実を知ってる人ってどれくらいいるんだろう?

もちろん、紙だからとか、ネットだからということで、優劣をつけるわけではないけど、イメージは明らかに違うと思う。

肩書に対する”認識”や”イメージ”は、ある程度揃っているべきじゃないかと思う。

つい先日の「メンバー」という肩書に対する違和感も、これとどこか似ている気がする。

コメントを残す