5387 カシオのデジカメ事業撤退

カシオがコンパクトデジタルカメラ事業から撤退するというニュース。

ついにきたか…という感じがはした。

年間の出荷台数55万台は、なんとピークの1割以下だそうで、むしろこの状況になるまで、よく生産を続けていたものだ…とすら思う。

自分とカシオのデジカメの関係は、なんといっても、EXILIM EX-S1 抜きには語れない。

EXILIM EX-S1圧倒的に薄い

接写ができないとか、画素数が低すぎるといったそれなりに大きな問題があったが、とにかく圧倒的にコンパクトで薄いという特徴は、かなりのアドバンテージだった。

その後、EXILIM EX-S1から別の新しいデジカメを買っても、そのアドバンテージは代えがたいものがあり、新旧2つのデジカメを併用してしまい、EXILIM EX-S1が完全に引退するまでには、結構時間が経ったと思う。

その後、スマートフォンがどんどんデジカメの機能に追いつき、さらにデジカメにはない機能が付いてくるようになると、デジカメを持っていく意味がなくなってくる。

こうして、スマートフォンの機能にデジカメの機能が包含され、持ち歩くことがなくなってしまった。

自分自身に起きたことが、まさに売れなくなってしまう経過そのままだった。

このニュースは寂しいけど、必然でもあったのだ。

コメントを残す