[社会の窓]泳げない鯉のぼり

連休初日は比較的過ごしやすい天気だったが、午後からは風が強くなって、干していた洗濯物も、一部飛ばされるものもあった。

まるで川を泳ぐように川の両岸から吊り下げられていた鯉のぼりも、強い風のせいで、めくれ上がってしまい、泳げなくなっていた。

ポールのように棒状の先端から吊り下げられていれば起きないが、ロープを横に這わす以上、どうしてもこういうことは起きてしまう。

”泳いでこそ”の鯉のぼりだ。

泳げない鯉のぼりを見ながら、うまく解消する方法はないのかなぁ…と思った。

あと、もしこれを解消できる方法が見つかれば、洗濯物にも応用できるなぁ…とも。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください