5366 鬼ころし

コンビニ強盗を伝えるニュースで、タイトルが気になった。

<強盗容疑>「鬼ころし」がきっかけ、容疑者浮上 警視庁

犯人らしき男性が、逃走後に別の場所で「鬼ころし」を買う姿が防犯カメラに映っていて、その後の調査で、犯人の背格好と鬼ころしを持つ男性を発見。

裏付け捜査の上、逮捕されたそうだ。

電車内の広告で気になってた…以前から、地下鉄の車内広告で見掛けた「鬼ころし」の広告が気になっていた。

すごいネーミングだなぁ…と。

そりゃあ変わったお酒だから、目立って捕まるのも仕方がない…と思って、ちょっと調べてみたら、この広告を出している酒造メーカーだけでなく、実は、全国のかなりの数の酒造メーカーで、同じ「鬼ころし」もしくは「鬼ごろし」という名称で作られているということを知る。

検索でいっぱい出てくるつまりは、珍しいわけでなく、むしろ結構メジャーなお酒だったのだ。

検索すると、さまざまな”鬼ころし”が出てくる。

これはもう、ひとつの”ジャンル”と言ってもいいかもしれない。

知らなかった。

でも、鬼ころしばかり買ってるっていうことは、犯人逮捕のきっかけになるっていうことは、買う人は限られてる…ってことだろうか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください