5361 霞が関ビル竣工50周年記念プロジェクションマッピング

ぜひ見てみたい!日本初の超高層ビルである、霞が関ビルディングが、今年で竣工50周年だそうだ。

それを記念したイベントが催されるとのことで、その内容を見てみると、ビルの壁面を使ったプロジェクションマッピングがあるという。

ビルの全面を使ったプロジェクションマッピングは、さぞかし迫力のあるものになるだろう…と期待しながら、霞が関ビルに向かった。

あれ?やってるの?(帰りがけに撮影)

 

新橋駅方向から向かう間にも、霞が関ビルはよく見えるのだけど、ちっともプロジェクションマッピングをやってる感じがしない。

近づくと、かろうじて…もしかすると、今日は中止なんじゃないかと思いつつ、いろいろ調べてもまったくそんなことは書かれてない。

さらには、ツイッターなどで記事にしてる人もいかなったから、一体どうなっているんだろう?…と、ちょっと不安に感じながら向かった。ビルにかなり近づいてきたとき、うっすらと、壁面に色がついてる感じがわかった。

不安は別の意味に変わった。

やっぱりうっすら…

プロジェクションマッピングの光の量が足りないのか、周辺が明るすぎるのかわからないが、遠くからでは、光が当たってる感じには見えないのだ。

こうして写真で見ると、多少はわかるのだけど…。

どんどん変化していくけど…

光量が弱い??直接見ると、うーん…という印象。

プロジェクションマッピングは、これまでも、いろいろ見てきたが、すごいと思った試しがないんだよなぁ…。

そういった意味では、ここだけの問題ではないのだけど…。

これは、期待が大きすぎるせいなのだろうか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください