5356 鳥取といえば…

こんなニュースを見た。

県のイメージ 「鳥取砂丘」7年連続1位
鳥取県は、県外在住者が鳥取に抱くイメージについて尋ねた調査の結果を公表した。鳥取から連想するものとして、鳥取砂丘を選んだ人が約8割と、7年連続1位。

まぁ、たしかにその通りだろうなぁ。

一度だけ行ったことがある(1997年3月31日)僕もきっと同じように答えるだろう。

鳥取と言えば砂丘だし、鳥取に行くのだったら砂丘は欠かせない。

今を振り返ること20年前。わずかな枚数しか撮れないデジカメ(標準画質でわずか8枚!)を持って行ったことがあるのを思い出した。

話を戻すと…。

こういうふうに意見が集中するという県は他にもあるんじゃないか…?

たとえば…。

滋賀県。

きっと、ここも8割は「琵琶湖」と答えると思う。

でも、ふと思った。

集中することって、問題だろうか?

分散するということは、イメージも分散してしまうわけで、別にいいことでもない気がした。

また、もっと言えば、何も思いつかないという県だってあるだろう。

こちらの方が、もっと深刻だろうなぁ…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください