5334 名鉄名古屋駅

日帰りの名古屋出張。これで、ずっと続いてきた出張も、ひとまずおしまい…だろう。

今日は、日帰りだし、明日も普通に出勤だから、遅くならないうちに帰ろう…。

とはいうものの、せっかくだから、ここでしか見られないものを見てみたいという思いもある。

ということで思いついたのは、名鉄名古屋駅。

入場券は窓口で購入

独特な駅というのは以前から知っていたが、なかなか利用する機会がないので、ホームに降りたことなどなかった。

新幹線出発までの僅かな時間ではあるが、行ってみた。

入場券が券売機で売っていなかったので、窓口で購入。

一般的なターミナル駅というのは、線路やプラットホームがたくさんあるのが常識?だ。

しかし名鉄名古屋駅は、その常識を覆し、上りと下りのたった1本ずつの線路しかなく、ホームも3面しかない。

一宮、岐阜、岩倉、犬山、可児、津島方面の1番ホームと、内海・河和・中部国際空港、知立・岡崎・豊橋方面の4番ホームの2本の線路で、2分毎に次々と行き来している。

名鉄名古屋駅のプラットホーム列車は2分おきにやってくる

 

2本の線路に挟まれた2番3番は降車用と特別車両乗車用ホームだ。

行先別に列車の停車位置を変えることで、誤乗車と混雑の軽減を図っている。

狭いホームの有効的な活用にも繋がっている…

…とはいうものの、初心者にはかなりレベルの高い乗り場であることには違いない。

実際、ものすごい数のお客さんが、ホームに溢れかえってる感じ。

すごい人数乗車位置を示す表示と降車・特別車乗車用ホーム

降車・特別車乗車用ホームは比較的余裕がある

1番4番ホームは混雑がすごいので、2番3番ホームで、行き来する電車を眺める。

名鉄の車両を間近で見るのは、ほとんど初めてに近いが、車両の種類がかなりバラエティーに富んでいることや、それぞれを混結させているのが印象的だった。

 

異なる車種の混結編成が多い 異なる車種の混結編成が多い

見慣れない車両が楽しい 名鉄らしい感じの車両

一度乗ってみたいパノラマスーパーJRでいうところのグリーン車に相当するのだろうが、一般車と特別車の混結も独特。

名鉄といえば、名鉄1000系電車「パノラマSuper」が有名で、この展望車には一度乗ってみたい。

珍しい設備

ホームの端に、ちょっと見慣れない“滑り台”があったから、なんだろう?と思ったら、新聞発送の荷物取扱用の設備だという。

なんだかこれまで見てきた駅の雰囲気と全然違うから、とても新鮮な光景に感じた。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください