[社会の窓]旅の醍醐味

昨日、移動中に、博多ポートタワーを見かけたのは、路線バスでたまたま進行方向左側に座っていたおかげだった。

そして、西戸崎から博多港まで船に乗れたのも、偶然の結果だった。

もともとは、香椎駅と西戸崎駅を結ぶ、香椎線の一部に乗りさえすればよかったのだが、たまたま見掛けた渡船場で、偶然出発時刻のタイミングが合っていたり、向かう港が、たまたま前日訪れた”知った場所”だった。

そのおかげで、当初の想定になかった船に乗ることができた。

それは、僕にとってはかなり新鮮な光景だったが、実際はごくごく日常の一部に過ぎない。

そうした光景を垣間見ることができるのは、旅の醍醐味のひとつだ。

まぁ、”旅”といっても、ほんとの目的は仕事なんだけど。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください