5286 日本で唯一の協調運転列車に乗る

7時台の札幌駅はまだ静か今朝の気温はマイナス8度。

昨夜と大して変わらないが、長時間外を歩くのはさすがにつらいので、せっかくなので、札幌にいるときにしかできないことをしよう…と、日本で唯一、気動車(ディーゼルカー)と電車が連結して“協調運転”する列車に乗ろうと計画した。

列車は倶知安が始発で、途中小樽で電車と併結して札幌までやってくる。

小樽まで行く時間はないが、できるだけ札幌から離れた場所で折り返したい。

ということで、札幌駅07:45発の列車に乗車。

小樽行きは途中駅でどんどん乗客が増える。札幌方面行き列車と何本もすれ違う。

小樽方面行きも意外なほど混雑 札幌に向かう列車と次々とすれ違う

稲積公園駅で下車 札幌郊外の街

稲積公園駅をいったん出て…

稲積公園で下車。時刻は、07:59。

そこに、お目当ての協調運転列車が08:05にやって来た。

お目当ての列車を待つ 前方(左)が731系電車、後方(右)がキハ201系気動車

しっかりエンジン音とともに振動も伝わってくる

乗ってみると、車内は電車そのものだけど、聞こえてくるエンジン音は、まさにディーゼルカーそのものだった。

ただ、その音もとても軽やかで、重苦しい感じはまったくない。

それを乗客たちはまったく気にない感じで、札幌に近づくにつれ、混雑は増し、ほとんど身動きも取れないくらいの混雑で、札幌駅に到着した。

学園都市線と並走 札幌駅到着

ラッシュ並みの混雑で、車内の様子を撮れずじまいで、降りてしまったのが悔やまれる。

キハ201系は札幌で切り離されるため、乗客は全員降ろされる。

車内は731系とほぼ同じ 電車にしか見えない

前方の731系電車3両だけが、苫小牧へ向かうため、切り離し作業が行われる。

731系電車と切り離し キハ201系は回送

それなりに珍しい光景ということもあってか、切り離しの様子を見てるのは、僕だけじゃなかった。

やはりいた… キハ201系は、いつまで協調運転で走り続けられるだろうか…


切り離し作業終了後、前方の電車が苫小牧に向けて出発していった。

わずかな本数ではあるが、ディーゼルカー(気動車)と電車との協調運転は、今でこそ日常の光景だが、昨今のJR北海道の状況を見てると、こうした特殊な運用は長くは続かないような気がしてしまう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください