5282 名古屋城あたりを歩く

今朝もいい天気だったし、ちゃんと目覚めたので、また朝、歩いてみることにした。

名古屋城にやってきたけど…向かったのは、名古屋城。

8時前だし、お城は開いていない。

でもせっかく来たのだから、天守閣は見てみたい。

正面の入口からはダメだったので、お堀沿いに右回入りに歩いてみる。

見えた。お堀越しにちょっと離れているけど、しっかり見える。

お堀越しに見えた ちょっと遠いけどちゃんと見える

せっかくなので、このままグルっと回ってみる。

お堀沿いに歩いてみる 狭いところにきれいに並んでいる

北側に回ると、天守閣がかなり近くに見えてくる。天守閣すぐ手前の木が遮る感じにはなってしまうが、シャチホコはちゃんと見える。

北側からもよく見えた シャチホコもバッチリ 1月らしい光景かな? 一部石垣が崩れてるところもあった

空襲によって焼失してしまった名古屋城は鉄筋コンクリート造りになってしまっているが、これを木造で復元しようという動きは、いま現実のものとなっていたことは知らなかった。

これだけ規模の大きな天守閣が木造で復元されるというのは、ちょっと楽しみ。

木造復元するんだ…? 立派な駅入口

もうちょっと歩いてみたい欲求をぐっと我慢して、名古屋市役所を外観から見学したら、名古屋市営地下鉄へ。

逆光だと不思議な建物に見える 名古屋市役所

駅名は、ズバリ「市役所」駅名は「市役所前」とかでなく、ズバリ「市役所」だ。

名城線は、山手線や大阪環状線のように、完全に環状運転をしている。

そして興味深いことに、山手線のような「外回り」「内回り」ではなく、「右回り」「左回り」と表現する。

特徴的な、左回り 特徴的な、右回り

車両にも左回りの表記

 

車両側面の行き先表示(サボ)にも、(左回り)といった表記が見られる。

錯綜する乗客

どうも気になったのは、多数の乗降客が交錯して、あちこち人の流れが引っかかる感じがしたところ。

もちろん東京でもそういう場所はあるし、たまたまそういう場所を見掛けただけなのかもしれないが、もうちょっと改善の余地があるような気がしてしまった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください