5281 近鉄特急で名古屋へ

これまでの出張は、東京と各拠点の往復ばかりで、今回のように拠点から拠点への移動が多いというのは、ちょっと珍しい。

それだけに、今回の大阪から名古屋までの移動という機会においては、ぜひ近鉄特急に乗ってみたいなと思った。

新幹線だと1時間だが、近鉄特急では2時間掛かってしまうものの、運賃と特急料金を合わせても2,000円ほど安い…ということで、大阪難波駅に向かう。

近鉄大阪難波駅へ 反対側にアーバンライナー21000系が到着

始発駅の近鉄大阪難波駅で乗車券と特急券を買い、昼食用の食料も調達して13時ちょうど発のアーバンライナーを待つが、なかなかやって来ない。

発車わずか3分前に入線 やってきたのは21020系アーバンライナーnextだった

乗車はけっこう慌ただしい

発車3分ほど前になってようやくやってきた。

特急が頻発する近鉄線ではこれが常識なのかもしれない。

全席指定席ではあるが、検札はある。寝てる人には声も掛けないから、半分形ばかり…という感じもする。

検札あり1人客が多く全員が窓際に座れるくらいの混雑度

フットレスト完備座席は、2✕2で、フットレストもあってゆったり…ではあるが、主な設備といえば、これくらいしかない。

シートポケットには、なぜか三重大学のフリーペーパーが入っていた。

先頭車両と最後尾車両からは、風景が一望できる。

展望シートではなく、展望デッキという感じで、立って見る感じだ。

時速120km~130kmくらいで快調に飛ばす。

最後尾からの風景 21020系アーバンライナーnextはブルーリボン賞受賞

大手私鉄最長の山岳トンネルである新青山トンネルを抜けると…

新青山トンネルへ 車内は静か…

大阪の鶴橋を出て次の停車駅は、三重県の津

ほぼ唯一の途中停車駅と言っていい津まで後ちょっとだ。

風景も山から平野に変わって、いくつもの川を渡る。

並走するタンク車や遠くにたくさんの煙突が見えてくると、四日市コンビナートが近づいてくる。

工業地帯を走ってる感じ 広々としてる…

定刻通り近鉄名古屋駅に到着。2時間なんてあっという間。

名古屋に到着 これが乗ってきた21020系アーバンライナーnext

風来坊が通る

風来坊というお店の前を、風来坊が通り抜けていった。

こういうことってあるんだなぁ…。

 

5281 近鉄特急で名古屋へ” への2件のコメント

  1. 【ろんさん】、おはようございます(^^)そういえばアーバンライナーって、大阪の鶴橋を出ると、終点の近鉄名古屋までノンストップのイメージしかなかったんすが……….途中駅に停車するようになったんすか??(?_?)

  2. » マスダっち1971さん
    たしかにノンストップ特急のイメージって、けっこうありますよね。
    でも、もうずいぶん前から、途中駅に停車するようになってます。
    スピードでは新幹線にとてもかなわないから、途中駅で乗客を拾うという
    戦略ですね。安さについては、昔も今も近鉄特急が有利ですね〜。

コメントを残す