5274 マリメッコ・スピリッツ

ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催していた「マリメッコ・スピリッツ展」を鑑賞。

今日が最終日ということもあってか、観覧者が多かった。

最終日になってしまった けっこう賑わってた

マリメッコの、ウニッコに代表されるような独特のパターンと色使いは、自分も意識して見る機会が多いので、なんとなく身近で見慣れているが、最新のデザインを俯瞰したり、デザイナーの制作過程に触れる機会というのは、それほどないので、興味深い。

Juhannustaika(ユハンヌスタイカ):夏至の魔法 Torstai(トルスタイ):木曜日 Sitruunapuu(シトルーナプー):レモンツリー

どういうことをイメージして作られたんだろう?…などと考えながら、見ていくと楽しい。

Verhekset(ヴェルイェクセト):ブラザーズ ヴェルイェクセトのアイディアラフ

地下の展示フロアでは、3人のデザイナーが「JAPAN」をテーマにした新作を披露。その創作過程も紹介。

興味深いのは、全員が、一度も来日したことのないフィンランド生まれフィンランド育ちだということだった。

まさに三者三様なのに、どれも、マリメッコらしい感じ。

マイヤ・ロウエカリの「JAPAN」マイヤ・ロウエカリの「JAPAN」

安倍首相?

 

フィンランド人から見た日本のイメージって、こんな感じなのかなぁ…なんて思いつつ見てたら、なんとなく安倍首相みたいな人も…。

アイノ=マイヤ・メッツォラの「JAPAN」アイノ=マイヤ・メッツォラの「JAPAN」

アイノのアイディアラフいろいろと試行錯誤した様子が、展示されていたアイディアラフから感じられる。

ずっと緑色だったのが、最後の最後に、黒と茶になっている。苔のイメージのようだ。

パーヴォ・ハロネンの「JAPAN」パーヴォ・ハロネンの「JAPAN」無料の企画展ながら、けっこう充実した内容だった。

最終日に間に合ってよかった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください