5255 神の手●ニッポン展III

「神の手●ニッポン」は、日本人が継承してきた繊細な感性や技を、現代芸術に昇華させるアーティストを紹介する巡回展で、今回で3回目らしい。

場所は、ホテル雅叙園東京の百段階段だ。

以前は、目黒雅叙園と呼ばれていたはずだが、今年から変わったようだ。

神の手●ニッポン展 会場は雅叙園の百段階段

階段の途中にある部屋が展示室になっている。

切り抜いた絵柄を何層にも重ねて立体的に見せる「シャドーボックス」や…

こんな感じで展示 切り重ねた紙が生む 光と影の立体世界

文学作品の名文を切り取って、二次元であるはずの文字の世界を三次元化して、独特な世界を作り上げる「立体切文字」

文学の世界を立体で表現 気が遠くなるような作品

遠近法を持ち込み、実際の大きさ以上の奥行きを出すミニチュアハウス…

遠近法で作られたミニチュアハウス 奥に行くほど小さく作らえてるので… かなりの奥行きを感じる かなりの奥行きを感じる

幅わずか0.5mmにも満たない切り絵で表現された独自の作品…

切り絵とは思えない作品 切り絵とは思えない作品

ペットボトルだけを使ったアート作品など…

材料はペットボトル ペットボトルでここまでできる

さまざまな”神の手”が紹介されていて、とても興味深かった。

しかし…正直言うと…

失礼ながら、なかには「これって、それほどすごくないんじゃない?」なんて思ってしまうようなものもあったのも事実。

インターネットやテレビなどで「すごい!」というものを、これでもかというくらい紹介されるせいか、目が肥えてしまってるのかもしれない。

一方、純粋に「すごいな」と思ったのは、アーティストたちの、ここに至るまでの着眼点、アイディア、発想だ。

そして、気の遠くなるような手間と時間を掛け続けるモチベーション…。

「神の手」が生み出す作品そのものもすごいのだけど、これらのすごさを感じずにはいられなかった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください