5251 新宿から渋谷を経て恵比寿まで歩く

大学時代からの友人であるモリちゃんが、久しぶりに上京するということで、一緒に観光することになった。

モリちゃんとは、2年前のフレンチトーストピクニックラリー以来で、上京して一緒に歩くのは、5年前の鶴見線以来だ。

高速バスで新宿まで来るので、そこから街歩きをしながら、恵比寿にある東京都写真美術館に向かう。

クレーンが見えてきた だいぶ工事が進んでる感じ…

最初はまっすぐ恵比寿に行くつもりだったが、会話のなかで、新国立競技場の話題が出たのをきっかけに、ちょっと見てみよう…ってことに。

かつて何度か見に行った、建設途中の東京スカイツリーのように、こういう機会がないと、なかなか見に行くことはないものだ。

クレーンの数がすごい

イベント開催中…

新国立競技場を後にして歩いて行くと、鳩森八幡神社が賑やかだったので寄ってみた。

餅つき大会「餅つき大会」ということで、屋台が並んでいる。

あとで買うことにして、とりあえず?、富士塚に登る。

見晴らしがいい。

久しぶりに富士塚を登る 見晴らしはいい…

つば九郎営業中

“富士山”の麓で人だかりができてたので、覗き込んでみると、その中心に着ぐるみが…。

よく見たら、つば九郎だった。こういうところでの営業活動してるんだな。

屋台ではお汁粉や、”揚げオレオ”なるものも売られていたので、モリちゃんはお汁粉、僕は揚げオレオを買う。

揚げオレオは意外と美味しかった。

揚げオレオ? お汁粉と揚げオレオ

続いて寄ったのは、宮廷ホーム。

公開してるわけではないので、これといってよく見えないが、覗き込んで見える独特の雰囲気は、妙にワクワクしてくる。

宮廷ホームは工事中? ずっとこんな感じ…

原宿駅上をお座敷列車「宴」が通る

そのまま線路沿いに歩くと、原宿駅。

相変わらずの人の多さだ。外国人観光客も多い。この混雑自体が、観光スポットなのだ。

相変わらずすごい人の竹下通り

改良工事が決まっている原宿駅だが、この木造駅舎はいったいどうなってしまうのだろう?

駅舎として現役であること自体に価値がある気がするのだけど…。

山手線唯一の木造駅舎の行方は…? コープ・オリンピアはまだ大丈夫?

最高裁判決で話題の…原宿駅、コープオリンピアを過ぎ、先日の最高裁判決で話題の場所を過ぎ、渋谷に向かう。

イチョウが綺麗。

掃除されないおかげで、歩道はイチョウの葉で絨毯のようになっている。

もう黄葉の最盛期は過ぎた感じで、もうちょっと強い風が吹けば、完全に葉は落ちてしまいそうだ。

見事なイチョウの絨毯

渋谷が近づいてきた。

振り返ると、かつての電力館

振り返れば旧電力館 突然、鉄腕アトム

渋谷駅付近の再開発工事の変化はかなりのもので、来るたびにどんどん風景が変わっている感じ。

知らないうちにビルが…

もともと、東京都写真美術館に行くのが目的だったのだけど、寄り道が多すぎて、かなり遅くなってきた。

一瞬、電車で恵比寿に向かおうと思ったが、ここまで歩いてきたのだから…と、このまま、歩いて行くことにした。

どんどん変わっていく渋谷駅前 渋谷川に掛かる橋

前回渋谷川を歩いたのはもう4、5年前くらいになるから、景色が変わるのは当然だろうけど、以前見た景色をすっかり忘れてしまう変貌ぶりだ。

旧東横線渋谷駅のホームがあったあたり 旧東横線線路跡と渋谷川

渋谷川

右手へ延びる東横線の線路跡ここに、東横線の高架橋があって、渋谷川と分かれて、右側に向かっていった…というのは、なんとなく想像はつく。

自分たちも途中で、渋谷川を離れ、ふたたび山手線と並行して歩くと、恵比寿駅が見えてくる。

さらに進むと、恵比寿ガーデンプレイスへ。

恵比寿ガーデンプレイス 何年ぶりだろう?

東京都写真美術館へ…

ようやく東京都写真美術館に到着。

ユージン・スミス写真展へ、

今回、モリちゃんからのお誘いで、初めて知った写真家だった。こんなにもすごい人がいたんだとちょっと感動する。

ユージン・スミス…かなり興味深かった。生誕100年 ユージン・スミス写真展

生誕100年 ユージン・スミス写真展

戦火やトラブルをかいくぐってくるカメラマンは多いが、戦争やトラブルで負傷しつつ、それでも写真を撮り続けるモチベーションは、いったいどこから来たのだろうと思った。

さらにいろいろ調べてみたい。

モリちゃんが15時までに新宿駅に戻らなければならないということで、新宿到着時間から逆算して、ちょっと駆け足で鑑賞。

久しぶりの街歩きと写真展鑑賞はとても有意義なものだった。

モリちゃん、おつかれさまでした。

5251 新宿から渋谷を経て恵比寿まで歩く” への2件のコメント

  1. 先日はありがとうございました。
    新宿から恵比寿まで歩く企画を提案してもらった時点でこれは面白そう!と思ってましたが、予想以上に楽しかったです。
    移り変わりの多いエリアと思われるだけに、何年かしたらまた同じように歩いてみたいな、と思いました。
    こちらの都合で時間が足りなかったのは申し訳かったしちょっと残念でした。
    それにしても鶴見やフレンチトーストピクニックと、ろんさんとご一緒する時はいつも気持ち良く晴れてるのが嬉しいです(;´∀`) 。
    また是非何かでご一緒しましょう!

  2. ≫ ともろえん さん
    こちらこそ、ありがとうございました。
    せっかく来てもらったのだから…と、つい、いろいろと盛り込んでしまって、慌ただしくなってしまいがちなのですが(笑)、楽しく過ごせたようでなによりです。
    たしかに、これまでを振り返ると、必ず快晴なんですねぇ。言われるまで、全く気付きませんでした。ふだんは、晴れ男を意識することはまったくなかったので、きっと、一緒に出掛けたときだけ有効なのかもしれませんね(笑)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください