[社会の窓]”ブログ映え”

さまざまなSNSがあるが、それほど関心はなくても、後学の意味もあって、たいていは登録くらいはする。

しかし、Instagramだけは、なぜか登録どころか、ほとんど見たことすらない。

そして、いつの間にか「インスタ映え」という言葉が、かなり一般的に使われ、通用する感じになってきた。

ブログも長くやってると、無意識のうちに「映える」写真が欲しくなり、同じような構図で何枚も撮ってしまうことは少なくない。

そういう意味では、十数年前から、ブログ映えした写真を撮り続けてきたというふうにも言えるかもしれない。

どうせ載せるのなら、より伝わりやすい写真を…という思いは、決して悪いものではないとは思う。

ただ、それは程度の問題だと思う。

先日行ってきた東京ミッドタウンでこの写真をこの写真を撮るのに、数枚ほど似たような構図の写真を撮るのは、程度としてはどうなんだろうか?

コメントを残す