5218 ピカソとシャガール展

久しぶりの箱根で、とりあえずどうしても行きたいというところもなかったので、これまた久しぶりに、ポーラ美術館へ行ってみることにした。

ポーラ美術館までは路線バスを乗り継いで…。

バスの車窓から、すすきの草原が見えた。来週、箱根仙石原すすき祭りが開催されるらしい。

バスで移動 仙石原のススキは徐々に見頃?

ポーラ美術館に到着ポーラ美術館に到着。

ポーラ美術館は、15周年らしい。

そして、今やっている企画展は「ピカソとシャガール展」。

ポーラ美術館も相当久しぶり開館15周年

仲良さそうなのになぁ…20世紀を代表する最も著名な画家である、ピカソとシャガールの初期から晩年までの作品と、二人の関係に焦点を当てた「世界初」展覧会だそうだ。

はて…。

まず、この二人が、どういった関係なのかについても、よく分からなかったし、そもそも、ピカソに比べて、シャガールのことは、まったくと言っていいほど知らなかった。

こんな知識レベルではあったが、今回の企画展では、ピカソと対比することで、それなりに知ることができたと思う。

二人の初期から晩年に掛けての作品が順序立てて紹介され、わかりやすかった。

そして、ポスターに使われた写真を見たら、すごくいい感じだったので、二人は、とても仲が良かったんだろうと思ったら、そうでもなかったらしい。

(結構大事なところのような気もするけど)経緯や詳細があまり紹介されていなかったが、二人を引き合わせようと企画された昼食会でピカソが発した”悪い冗談”が、二人の仲を修復不能なほどの険悪なものにしてしまったという。

なんだかかなぁ…。

互いの才能を認めつつも、そこはやはり、芸術家同士、考え方に譲れない部分もあったのだろうか。

すごく素敵な写真な感じだっただけに、ちょっと残念だった。

コメントを残す