5214 時間が止められた街のその後

「一度訪れたところと同じ場所にまた行きたい」…と思うことはよくあるが、その場所が身近であればあるほど、意外と行けないものなのかもしれない。

ずっと気になってたのは、神谷町駅から麻布台付近の再開発予定地。

前回行ったのは、もう4年以上も前の、2013年6月だった。

今年に入って、この付近の再開発の詳細が伝えられるようになった。

一時的ではあるものの、高さ日本一となる330mもあるビルを中心として、計7棟のビルが建設されるらしい。

日の入りがだいぶ早くなってきてしまい、現地についたときには、もうかなり暗くなってしまった。

再開発後と再開発前の分かれ道 薄暗い坂を降りていく 真っ暗なマンション 1口から塞がれている

前回歩いてから4年後、どう変わったのか…と思いながら歩いてみたが、それほどは変わっていなかった。

もっとも、ただ暗くてその変化がわからなかっただけかもしれないけど。

ひとけのない住宅 麻布台1丁目1番地

暗くなったおかげで、ところどころに灯りがついていることがわかって、いまもなお、けっこう人が暮らしているようだ。

由緒ある坂もなくなる運命… 遠くに東京タワー

火事があったようだ火災の跡が生々しく残っていたマンションがあった。

検索してみたら、先月24日午前8時ごろに火災発生の記事が検索できた。

当然ながら、このマンションも、取り壊しの対象だろうから、復旧されることなく、このまま放置されることになるのだろう。

4年前と同じアングルの写真があったが、これといって特に違いもなく…。

以前と変わらず…2013年6月7日 18時58分

このコントラストが怖い…

こうした風景が見られるのも、残りあとわずか。

再開発が完了してしまえば、「かつては、こんな風景が広がっていた」とは、想像するのも難しいだろう。

時間が止められた街を後にして、もうしばらく周辺を歩く。

神谷町駅から虎ノ門方面へ歩くと、新駅建設工事の真っ最中だった。ここに駅ができると、また人の流れが大きく変わってくるだろう。

日比谷線に新駅建設中 ここから見る風景も変わるだろう

JTBの支店に芸能界でちょっと話題になった人と、さらにちょっと前に裁判で話題になった光景を見かける。

2017年のできごととして、貴重な光景になる…かも。

ちょっと話題の… ちょっと前に話題の…

コメントを残す