5211 Jアラート

朝、ラジオから、ふだんとはまったく違った放送が流れてきて、ちょっとびっくりした。

北朝鮮がミサイルを発射したということで、Jアラート(全国瞬時警報システム)によって、その情報が伝えられたのだ。

テレビを付けてみると、どこも同じ放送になっていた。

そして、第一報から、それほど新しい情報が追加されることなく、日本列島を飛び越えて着弾したという第二報が伝えられた。

 

どの放送局も一斉に…どの放送局も一斉に… どの放送局も一斉に… どの放送局も一斉に… どの放送局も一斉に… どの放送局も一斉に…

 

どの放送局も一斉に…着弾したのが確実というのなら、いったんそれで終わりにしたらいいのに、なんだか、ずっと同じ情報を流し続けている状態が気になった。

まぁ誰もが未経験のことだから、仕方がないのかもしれないけど、どんどん慣れてしまって、誰も”アラート”(警告)だと思わなくなってしまうと、ちょっと心配。

コメントを残す