5189 日本のグラフィックデザイン2017

日本のグラフィックデザイン2017

東京ミッドタウン・デザインハブで開催中の「日本のグラフィックデザイン2017」を鑑賞。

年鑑「Graphic Design in Japan」の2017年版の発行を記念し、日本グラフィックデザイナー協会が 開催している展覧会。

新聞や電車の中吊りなどで見た広告や、パッケージ、包装、映像など、年鑑に掲載された300点が展示されている。

JRの駅では見掛ける「行くぜ、東北。」や、正月明けの新聞に載った、オフィーリアをモチーフにした樹木希林の宝島社企業広告など、印象的な作品も多かった。

オフィーリアの樹木希林 行くぜ、東北。

さまざまな作品知らなかった製品や、キャンペーンなど見応えがあった。

ただ、ちょっと残念だったのが、この広告や作品の解説が皆無であったということ。

なぜか、クライアントの会社名や団体名も伏せられているので、作品の背景を類推するのも一苦労だった。

あくまでも「デザイン」を見て欲しいということなのかもしれないけど、依頼する側のことも知った上で作品を見たほうが、理解が進むような気がしたのだけど…。

けっこう気に入ったIHIIHIのこの企業広告も、ちょっと気に入った。

IHIがないときと、あるときで、人々の暮らし方が大きく変わるということを、弛めのアニメで表現されている。

こんな商品「AIR-BONSAI」AIR-BONSAI

そう書かれていた広告。

エア盆栽というと、ぜんぜん違う者が検索されてしまうのだけど、実際のはこちら

色んな意味で考えさせられる商品。

もっともインパクトがあったのが、この静岡新聞SBSの一連の広告。

ちょっと前の企画のようだが、初めて知った。

静岡新聞SBS「超ドS」 超ドS憲章

内容はかなり過激な感じだけど、インパクト十分。

突き抜けた感じが凄く良かった。

そして、打ち切りで終わらせてしまうところも。


展覧会を見る直前、入口でたまたま遭遇したイベント。

あずきバーを配布してるということでもらってきた。今日は「井村屋あずきバー」なのだという。

それを記念して、あずきバーの無料配布をしていた。あずきバーと一緒に、井村屋製品のストラップももらった。

たまたま… 今日7月1日が「あずきバーの日」

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください