[社会の窓]建築探し=自分探し?

今日は久しぶりに”建築”を切り口にして、1時間程度ではあるけど、古い熱海の街を歩いた。

気になり始めると、キリがないのだけど、この夢中になれる時間は、他にはなかなか味わうことができない。

まずは興味が持てる対象であるかどうか?、これに割くことのできる時間とタイミング…、そして、もっとも重要なのは、自分自身が”見てみたい!”とか”見つけてみたい!”といった気持ちが高ぶるかどうか?に掛かっている。

何度も熱海に来たことがありながら、熱海の古い街を歩いたのは、今回が初めてだった。

あとから調べてみると、つい最近まであった有名な建物が取り壊されてしまっていたらしい。

そう考えると、自分の気持ち次第で、貴重な建物に出会えるかどうかが決まる…なんていうふうにも思えてくる。

今日は、なんだか、建築探し=自分探し…になったような気がした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください