[社会の窓]絶滅危惧種

よく見聞きするし、うちにもあるけど、これが、実は”絶滅危惧種”だったということを、この企画展で知った。

高い技術力がないと作ることができないということも、言われてみなければ、なかなか知ることもできない。

そんな、「あって当たり前」とか「できて当然」…みたいな感覚は、あらゆる場面で起きている気がする。

だから、ときどき、自ら動いて視点を変える…みたいな必要があるのだろう…なんて思う。

つい面倒だったり、あとで…なんて思ってしまうけど。

それよりも、まずいのは、どうせ変わらない…と最初から動かないことなのかも。

コメントを残す