5152 櫛ケース

ふつうあまり携帯しないものを持ち出そうとする場合、それにあった入れ物が必要になる。
たいていであれば、そのものの大きさにあった袋に入れれば、それでおしまいだが、特殊な形状であったり、柔らかいものだったりするときには、入れ物の工夫が必要になる。

おじゃこの丸い櫛…。

それなりの大きさはあるのだけど、この櫛をを持ち出す際には、買ったときのパッケージの入れ物を使っていた。

ただ、耐久性に難があったので、代替の入れ物を探す必要が出てきた。

入れ物にそれほどお金も掛けられないので、まずは100円ショップで探してみる。何かしら見つかるだろう…と店内を回ってみるものの、「惜しい」ものはあっても、「これは!」というものがない。

今入れている、パッケージの入れ物は、当然ながら商品に合わせて作られているので、ちょうどいい大きさになっている。

そういった意味では、これよりも、ちょうどいい大きさというものは存在しないわけで、代替の入れ物を探すというのは、けっこう至難の業なのだ。

これは困った…と商店街を歩いていたら、店頭に置いてあった商品に目が止まった。

ポテトチップス「プリングルス」だった。

閃きでしかなかったが、これなら…と買い求めて、中身を食べて、洗浄して…櫛を入れてみたら…

ピッタリ!

筒の中で櫛が動き回ってしまうと困るが、ちょうど固定される直径だった。

しかも櫛の持ち手の長さもちょうどよく、そのまま蓋ができるくらいだったので、これ以上のない最適な入れ物だったのだ。

ただ、唯一気になるのが、”柄”だった。

当然だ。お菓子なんだから。

サイズが最適であることを確認して、柄を隠せる布(テーブルウェアフェスティバルで購入したランチョンマット)をちょうどいい大きさに切断して貼り付けることにした。

プリングルスの入れ物がピッタリ!

切断されることを考慮していない素材のせいか、切り口がやたらと”ほつれる”ので、縁の処理に難儀するが、なんとか完了。

これなら、外に持っていっても恥ずかしくはないだろう。

完成!(要微調整)

コメントを残す