[社会の窓]担当者に思いを馳せる

出張は当然ながら仕事で行くので、仕事以外のことができるとは思っていないが、せめて行った先でしかできないことを見聞きしたいと思うのは、間違っていないと思う。

観光とまでは言わないが、朝の僅かな時間をそれに充てられるのは、ありがたいことだ。

昨日、地下鉄工事中に発生した道路陥没事故現場にやってきた。

一般的な工事現場よりも、むしろ”きれいな”状態で、あらかじめ知らなければここに巨大な穴が空いていたなんてわからない感じだった。

なんとか復旧はしたものの、大きな事故を起こしてしまった、この現場の担当者たちは、きっと大変な思いをしているだろう。

自分も毎日のようにトラブルや問題を起こしてしまってるだけに、 この現場に立ちながら、彼らの苦労に思いを馳せてしまった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください