5035 ATOK Pad for iOS × Bluetoothキーボードで発生した不具合の対処法(iOS10版)

iPhoneやiPadの新しいOSのバージョン、iOS10がリリースされた。

これによって、さまざまな機能が追加されたが、その一方で、これまで使えてた機能が修正されたり、場合によっては使えなくなってしまったりする。

こうした仕様変更は、メーカーからなんの説明もないので、使う側が自分で調べなければならない。

なんとも乱暴な話だけど、これが当たり前になっているのが、スマートフォンの世界なのだ。

以前も、愛用していたATOK Padというアプリが、iOSの仕様変更により、急に使えなくなって困った挙句、メーカーに問い合わせしたところ、なんとか使えるようになったということがあったので、果たして今回はどうか…と思って、恐る恐る試してみたら…。

また、使えなくなってしまった!

これは困った…といろいろ調べてみたら、なんとかふたたび使えるようになったので、その方法を確認したい。

前回、「設定」アイコンから、「一般 – 機能ーキーボード」で、「自動大文字入力」をオフにしたのだが、今回、ここがオフになっているにも関わらず、前回と同じ問題が起きてしまっている。

いろいろ調べてみた結果、iOS10に変わって、これまでなかった「ハードウェアキーボード」という機能が追加されたようなのだ…。

「ようなのだ」というのは、なぜか自分のiPadにはその機能が表示されていなかったからだ。

ハードウェアキーボードの選択肢がない…

そこで、あらためて、Bluetoothキーボードを登録した。

現時点で、キーボードが使えてたのに、またキーボードの登録をするっていうのは、ちょっと変だけど。

すると、先ほどまでなかった、「ハードウェアキーボード」が現れるので、これをタップ。

設定が現れた…ここにも、「自動大文字入力」という設定があるので、これをオフにすることで、ようやく、元通り使えるようになる…というわけ。

ここでも「自動大文字入力」をオフ

ご参考までに…。

5035 ATOK Pad for iOS × Bluetoothキーボードで発生した不具合の対処法(iOS10版)” への2件のコメント

  1. おはようございます。
    ios10+iPad Pro9.7 + ATOK Pad + Smart Keyboardの入力問題
    解決いたしました。矢印は使えませんが、自分にとっては問題ないので助かりました。ありがとうございました!

  2. ≫タカクさん
    お役に立てたようで、良かったです。お知らせいただいてありがとうございます!
    でも、こういった対処法は、メーカーがきちんと説明してくれればいいのですけどね…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください