5009 SMAP解散

やっぱりかぁ…というのが第一印象。

別にファンではないのだけど、他のジャニーズのグループと比べたら、その存在感は、やっぱりSMAPは別格だと思う。

”公開謝罪”1月の異例ともいえる謝罪生放送を経て、なんとか修復をはかろうとしたようだが、やはりダメだったようだ。

もっともあの時点でもう破綻していたとも言える。

これまでのゴタゴタが伝えられた当初は、もうちょっとプロに徹することはできないものだろうか?と思っていた。

慕っていたマネージャーの退社とか、メンバー間の確執とか、ファンからしたら、置いてけぼりだし、プロなんだから、そんなワガママが通用するか?とも思った。

けれど、そうじゃないのだ。

コントやバラエティ番組などの出演を通じて、素の自分をさらけ出すことが、ある意味SMAPらしさだった気もするし、それがメンバー同士の信頼感がない状態で続けることは、かなり難しくなっていたのだろう。

もし無理をして”表面的なSMAP”を演じるくらいだったら、それこそ、ファンのためにならないということなのかもしれない。

番組冒頭のテロップ 今夜のSMAP× SMAPでは、冒頭に 今回の騒動について触れていた。

それだけによけい見ていて痛々しい感じすらした。

SMAPの活動開始は1988年.。その翌年1月に昭和が終わり、新しい元号「平成」が始まった。

先日の、天皇陛下の生前退位の話が具現化し、平成という時代の終わりが見えてきた、このタイミングでの解散。

平成を代表するアイドルの終焉という形で、見事に一つの時代が終わるという気がしてならない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください