[社会の窓]廃墟

自転車での移動中、ふと、ずいぶんと人の手が入ってない物件があることに気がついた。

駅から徒歩2分前後といった交通至便の場所で、これまでも、ときどき通っていたのに、きちんと意識して見たのは、今日が初めてだった。

あらためて見てみると、相当の期間放置されているような雰囲気。

まさに廃墟だ。

最近はあまり探索する機会がないが、廃墟好きだ。

もちろん廃墟は最初から廃墟だったわけではなく、誕生したばかりのころは、多くの人が集い、賑やかだったはずだ。

そこから、さまざまな変化を経て、現在の廃墟に至るのだけど、そうした経緯を勝手に想像したり、思いを馳せたりするのが楽しい。

そこには、決して知ることのできないドラマがある。

誰の目にも触れられることなく、放置され時間が止まったままの建物と、わずかな時間を共有する。

可能な限り、建物と対話してみる。

手軽に非日常世界を覗いたような気分。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください