4947 火星と木星を見た

いま火星が地球に接近してよく見えるらしい。

ニュースなどによれば「スーパーマーズ」なんて言ってるらしいが、以前からそんな言い方してたっけなぁ…なんて思いつつ、昨日がもっとも近づく日だったものの、雲が多めで見られそうで見られない状態だった。

そして今夜は、風が強くて条件はあまり良くないものの、はっきりと赤い星を確認することができた。

いつものとおり、一日の仕事から帰ると眠くて仕方がなく、もう寝てしまおうかとも思ったが、せっかくの機会?なので、望遠鏡を引っ張り出して見てみることにした。

火星風が強いせいか、ゆらゆらと像が揺れている感じがする。

それでも赤い星は、ふだんよりも、あきらかに、大きく明るく見えた。

でも、表面がしっかり見える…というほどではなく、ただそれだけ…という感じもした。

…ということで、ちょっと方角を変えて、別の明るく輝く星を見てみる。

木星だ。

木星こちらは写真だと写ってないが、表面の模様もはっきりと見え、いわゆるガリレオ衛星の4つもよく見えた。

肉眼で見えないものが、望遠鏡のレンズを通すと見えるというのは、ちょっと楽しい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください