[社会の窓]本棚がささやく…

ずらりと並ぶ、いわゆる「ハウツー本」

悩んでいる人がたくさんいるんだろうな…と思わせ、悩んでいるのは、自分だけじゃないとちょっと安心する。

その一方で、そう簡単に改善もしない…ということも見せつけられているような気がして、また気分が重くなる。

以前は、ときどき探しては読んでいたが、最近では読む時間すらなくなってしまったというのと、読んだ直後は「わかった気」になるのだけど、効果は長続きせず、すぐに元に戻ってしまので、ほとんど読まなくなってしまった。

でも、ときどき本屋の棚にずらりと並ぶ、ハウツー本を見ると、また読んでみたい…と、心が揺らいでしまうのだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください