[社会の窓]観光客に圧倒

実家のある川越に行ってきた。

久しぶりに、蔵造りの建物が並ぶ一番街を歩いてみたが、ものすごい数の観光客に圧倒された。

ひどい混雑… ひどい混雑…

川越まつりや、川越百万灯夏まつりといったイベントがあるならわかるが、今日は特に何があるわけでもなく、単に大型連休中の1日であるということだけだ。

それでも車道にはみ出てしまうほどの混雑、アイスやお菓子などのテイクアウトの店には、いずれも長い行列ができてる。

行列といえば、市の公共トイレにも、女性の長い行列ができていた。

ひどい混雑… ひどい混雑…

自分が実家で過ごしていたころからすると、隔世の感がある。

ひどい混雑…アイスは食べた「川越名物」…みたいなことを書かれても、ほんと?…と疑問を感じてしまう商品も散見されるが、いろいろな新しい商品だったり、さまざまな見どころが増えているのは、ゆかりがある自分としては嬉しい。

でも、この、ものすごい混雑には閉口してしまうし、すれ違う人たちの、混雑のひどさを指摘しながら歩いてる声も聞こえてきた。

これほどまでに混雑してしまうと、川越の印象は決していいものにはならないだろう。

それが心配。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください