[社会の窓]準備しているときのほうが楽しい?

先々週、東京スカイツリーの麓にある東京スカイツリータウン、東京ラマチをちょっとだけ歩いた

初めて歩くところだから、スカイツリーならではの何か発見があるか?と思ったが、これといって、あまり特筆すべきところもなく、なんとなく”想定通り”だった。

ふと、建設中のころ見に行ったときのことを思い出し、当時の写真を振り返ると…

いまと比べて、このころは、すごく楽しかった気がする。

2010年5月5日 誰もが見上げていた 2010年5月5日 誰もが見上げていた

2010年5月5日 誰もが見上げていた遠足とか旅行とか、準備しているときが楽しいというのは、よく聞く話。

あれやこれやと、想像を巡らせているときは、夢も広がるのだろう。

この写真を見ていたら、ふと、そんなことを思い出した。

夢が現実になってしまうと、それが日常になってしまって、つまらなくなってしまうというのも、よく聞く話だ。

でも、それって、ちょっと悲しいことだよなぁ…と思ってしまう。

仕方がないのかな…?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください