4683 我が家からも”日本ブランド”が消えていく

シャープが鴻海に事実上買収されるのに続き、東芝も白物家電部門が中国の企業に買収されるというニュースがあった。

いまの状況を考えたら、やむを得ない部分はあるかと思ったが、やはり、日本のブランドがなくなってしまうというのは、なんだか寂しい。

そういえば、自宅にある家電ってどんなブランドだったっけ?…と、見て回ったら…。

東芝… 洗濯機
シャープ …冷蔵庫、電子レンジ
三洋 …掃除機

電子レンジも… 洗濯機も… 掃除機も… 冷蔵庫も…

昨日の保守的になってる話と関わってくるところもあるけど、もはや、日本のブランドかどうか…っていうこと自体、気にするべきではない時代になりつつあるのかもしれない。

単純に、日本の有名ブランドだから…ではなく、たとえ知らないメーカーであっても、その製品自体の品質やサポート体制なども、しっかり自分で吟味して選ぶ時代になってきているのだろう。

現時点では外資系メーカーの製品が全くないが、これが何年後かには、大きく様変わりしているに違いない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください