[社会の窓]太陽の様子を見てみる

黒点が消えている…みたいな記事があったので、昨日、久しぶりに望遠鏡で、太陽を覗いてみた。

ちょっと見づらいものの、ちゃんと黒点はあった。

小さな黒点が見えたけど…太陽表面

この写真には、左上のほうにわずかに見える。少し加工したものの、黒点は小さくあまりよく見えない。

太陽活動は、黒点周辺で爆発現象が多く起こるため、黒点が多いと太陽の活動は活発だと言われている。

今回、実際に見えたのは1つだけで、あとはのっぺりした感じだった。

もっとも、太陽は、25日〜31日で自転しているので、裏にたくさんの黒点があるかもしれないし、逆に、いま見えているのが唯一の黒点…ということも考えられる。

ぱっと見ただけで、一喜一憂するものでもない。

太陽活動が低下すると、氷河期が訪れると言われ、当然ながら、地球上に多大な影響を及ぼすことになる。

これくらいの規模の大きな天変地異だと、手の打ちようもなく、もし本当に氷河期がやってくるのなら、もう、なるようになれ…といった感覚になってしまい、むしろ冷静な気分になってしまう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください